オリジナルレシピ パンのレシピ

【旨辛】マヨコーンはんごろしキムチパンのレシピ

マヨコーンはんごろしキムチパンのレシピ

長野県の隠れた名産品『はんごろしキムチ』を使ったパンレシピをご紹介します。

ふくとも
はんごろしキムチは、野沢菜を使った激辛キムチ。詳しくは以下の紹介記事をご覧ください。

今回ご紹介するパンは友人からもらった『はんごろしキムチ』をパン作りに応用できないか?考えて作ってみたレシピです。

完成イメージはこちら!

完成イメージ

マヨコーンはんごろしキムチパン

「辛い!でも旨い!」がコンセプト。辛すぎないバランスを意識していますので、割とマイルドに仕上がったかなと思ってます。

なお、普通のキムチでも代用可能。辛いモノ好きに激おすすめしたいパンです。

作り方もパンを焼く直前に具材を乗せるだけなのでとっても簡単。初心者さんでも手軽に作れるので是非挑戦してみてくださいね~。

マヨコーンはんごろしキムチパンのレシピ

はんごろしキムチの激辛感を少しでも和らげるためにマヨネーズとコーンを加えています。

なお、パン生地は当ブログで紹介している『基本の丸パン』をアレンジしています。

ふくとも
初心者向けにていねいに解説しているので、詳しく知りたい人はご覧ください。
アイキャッチ
【超簡単】初めてでも失敗しない丸パンのレシピ

続きを見る

難易度
タイプ食事系
食感ソフト
調理時間約180分(発酵時間含む)

使う道具

ボウル(直径19cm以上)
計量カップ
ミニ泡立て器
デジタルスケール
カード(スケッパー)
オーブンミトン
ステンレスクーラー
ステンレスバット
オーブンレンジ
ペストリーボード(作業台)

材料(10個分)

強力粉300g
6g
砂糖30g
ドライイースト4.5g
バター15g
186g
はんごろしキムチ(具材用)20g
マヨネーズ(具材用)60g
コーン(具材用)60g

 

事前準備

事前準備としては、パン生地に加えるバターを溶けない程度の固さまで常温で柔らかくするくらい。

  • バターを常温に戻す(冷蔵庫から出して30分)
  • 水の温度を調整する(30℃目安に季節ごと調整)

 

マヨコーンはんごろしキムチパンの作り方

手順1:生地作り【材料混ぜ~1次発酵まで】

まずは材料を混ぜて1次発酵まで進めていきましょう。

作業の流れ

  1. ボウルで材料を混ぜ合わせる
  2. 水を加えてまとまるまでパン生地をこねる
  3. 作業台で10分程度こねる
  4. バターを加えてさらにこねる
  5. 1次発酵【30℃で50分】

流れを写真付きで詳しく知りたいという方は、以下の基本の丸パンレシピをご覧ください。

アイキャッチ
【超簡単】初めてでも失敗しない丸パンのレシピ

続きを見る

 

手順2.具材を作る【はんごろしキムチ&マヨネーズ】

ここで『はんごろしキムチ』の登場!マヨネーズを加えてざっくりと和えていきます。

激辛でそのままバクバク食べるのがキツイ『はんごろしキムチ』ですが、マヨネーズを加えることでこ多少マイルドになりますよ。(それでも辛いのでご注意を!

 

 

手順3.作業台にパン生地を広げて10分割する

1次発酵が終わったパン生地をスケッパー(ドレッジ)を使って10個に分割していきます。

重さはデジタルスケールでしっかり測って調整すれば、サイズのばらつきを防ぐことができますよ。

軽く丸め直したら、固く絞った濡れ布巾をかぶせて10分ベンチタイム(休ませる)しましょう。

 

手順4.パン生地を成形する

ベンチタイムが終わったら、パン生地を丸く成形します。

成形の流れ

  1. パン生地を裏向きにひっくり返す
  2. 手のひらで軽く叩いてガス抜きをする
  3. 指先でつまんで絞り込む
  4. パン生地をひっくり返して丸く整える

上下左右からパン生地を集めるようにつまむ

 

 

手順5.2次発酵【40℃で50分】

成形したパン生地をオーブン用の天板に並べます。

パン生地同士がくっつかないように拳1個分は離しておくようにしてください。

一度に乗り切らない場合は、乾燥しないように濡れ布巾をして置くようにして、最初の分が焼き終わったら追加で発酵させれば大丈夫です。

アレンジで渦巻型のパン生地も作ってみました

 

手順6.パン生地に具材を乗せる

2次発酵が終わったら、210℃でオーブンの予熱を開始してください。

予熱待ちの間に具材をのせていきます。

まずはパン生地の中央部分を軽くで押してくぼみを作ります。

続いて『手順2』で作ったはんごろしキムチマヨをくぼみ部分に塗っていきましょう。

最後にコーンをトッピングしたら準備完了です!

ふくとも
お好みでシュレッドチーズを乗せるのもアリですね。

具材を乗せるためのくぼみを確保

たっぷり乗せた方が美味しいです

チーズトッピングもGood!

 

手順7.パン生地をオーブンで焼く【210℃で12分】

オーブンの予熱が終わったら、天板を入れて12分焼いていきます。(時間はご自宅のオーブンによって異なります。焼き色を見て微調整してください)

 

完成!

 

マヨコーンはんごろしキムチパン:味の感想

はんごろしキムチはそのまま食べると「とんでもなく辛い!」のですが、マヨネーズとコーンのおかげで普通に食べられる辛さになりました。

ふくとも
むしろ最初はコーンの甘さが勝ちますね。

とはいえ、後半にキムチの辛さが押し寄せてくるので油断は禁物(笑)後からじわじわと唐辛子の辛味が効いてきます。

コーンとの相性を考えて、パン自体はプレーンでもっちりとした生地にしました。少し甘めでふわっとした生地とマヨコーンの相性は◎ですね。

 

マヨコーンはんごろしキムチパン:作り方まとめ

手順まとめ

  • 手順1.ボウルで材料を混ぜ合わせる
  • 手順2.水を加えてまとまるまでパン生地をこねる
  • 手順3.作業台で10分程度こねる
  • 手順4.バターを加えてさらにこねる
  • 手順5.1次発酵【30℃で50分】
  • 手順6.具材を作る【はんごろしキムチ&マヨネーズ】
  • 手順7.作業台にパン生地を広げて10分割する
  • 手順8.パン生地を成形する
  • 手順9.2次発酵【40℃で50分】
  • 手順10.パン生地に具材を乗せる
  • 手順11.パン生地をオーブンで焼く【200℃で12分】

辛いけどクセになる、マヨコーンはんごろしキムチパン。おつまみにもぴったりのパンチの効いた味わいでした。

ふくとも
辛い料理が好きという方は是非作ってみてくださいね。

それでは、楽しいパンLIFEを!!

人気記事パンを焼く目線で語る!オーブンレンジ徹底比較&おすすめ紹介

人気記事独学で製パン技術アップを目指す人に読んで欲しい本:13選

人気ブログランキング参加中!

あなたのワンクリックが運営の励みになります。

パンの図鑑サイトも運営してます

> 世界のパンを紹介:ブレッドマップ

© 2021 ふくともパンブログ