楽につくレシピ

めんつゆだけで旨い!やみつき味玉の作り方【楽につくレシピ】

やみつき味玉の作り方

当記事では、めんつゆとたまごで作る「やみつき味玉」の作り方を解説します。

説明不要かと思いますが…旨いです。

こんな方におすすめのレシピ

  • 簡単に作れる一品おかずを知りたい
  • たまごに味が染み込ませるコツを知りたい
  • ゆでる時に失敗しない方法を教えてほしい

今回ご紹介するレシピはとても簡単に作れるので、普段料理をしない初心者さんにも大変おすすめです。

簡単とはいえ、たまごのゆで方でタレに漬け込むタイミングを間違えると失敗しますので、そのあたりのコツを交えて作り方を優しくお伝えしていきますね。

完成イメージ

味付けたまご

こちらのレシピは、僕の妻が30回以上の試行錯誤を経て編み出した自信作です。

味玉には完熟一歩手前の状態が最もベストでして、トロットロの黄身に味が染み込んでて最高。

レシピを参考に作れば程よいゆで加減に仕上がるので、ぜひ試してみてくださいね。

ちょっと補足

味玉を作るだけなら15分ですが、味を染み込ませるのに一晩冷蔵庫で寝かせる必要があります。
作った当日は我慢が必要な点だけご了承下さい。(ワクワクしながら明日を待ちましょう!)

やみつき味玉を作ろう【必要な道具と材料は?】

まずは、作るために必要な道具(調理器具)と材料を紹介していきます。

やみつき味玉作りに必要な道具

使う道具は以下の通りです。

必要な道具

・お鍋(直径18cm)

ジップロック

・おたま

・計量カップ(コップで代用可)

こむぎ
これなら大体のご家庭にありますねー。

 

やみつき味玉の材料

必要な材料

・たまご:好きなだけ

・めんつゆ+水:たまごが浸かる量7対3の割合)

適当かつシンプルですみませんが、本当にこれだけでおいしく作れます。

具体的な漬け込み方は、このあと詳しく説明していきますね。

 

やみつき味玉の作り方【全6工程:約15分】

やみつき味玉の作り方

工程だけ見ると少し長く感じますが、端的にいうと「たまごをゆでる⇒殻をむく⇒めんつゆに漬ける」で終わりです。

それだけを伝えてしまうと身もフタもないので、工程ごとのポイントを解説しつつお伝えしていきますね。

 

step
1
たまごを冷蔵庫から出して常温に戻す

ワンポイント

冷たいままお湯に入れるとたまごが割れやすいのでご注意。10分くらい室温に置いておきましょう。

 

step
2
沸騰したお湯にたまごを入れる

卵をゆでる

ワンポイント

たまごを入れる時は勢いよく落とすとひび割れるのでNG。ここでおたまの出番です!
  おたまに乗せて優しく丁寧にお湯に入れてあげましょう。

 

step
3
均等に火が通るようにかき混ぜながら、8分ゆでる

卵をゆでる

ワンポイント

ゆで時間8分は直径18cmのお鍋で中火の場合です。ご家庭の鍋の厚みや大きさで変動しますので、作りながら微調整してみて下さい

 

step
4
冷水をかけて一気に冷まして、殻をむく

卵を冷やす

ワンポイント

お湯を捨てつつ一気に水で冷ますと、たまごの殻がむきやすくなります。

 

ふくとも
たまごの殻をむく時は、以下のようにやるとツルンとむけます!

たまごの殻をむく時のコツ

  1. たまごを軽く叩いてヒビを入れる
  2. 手のひらでゴロゴロで転がしてヒビを広げていく
  3. ヒビの部分をつまんで外側に引っ張る
  4. ツルンとむける!
ふくとも
文章だけだと「?」ですよね。写真で見ていきましょう!
卵の殻をむく

1:たまごを軽く叩いてヒビを入れる

卵の殻をむく

2:手のひらでゴロゴロで転がしてヒビを広げていく

卵の殻をむく

3:ヒビの部分をつまんで外側に引っ張る

卵の殻をむく

4:ツルンとむける!

これなら簡単ですよね。
毎回、身がボロボロになって悲しい思いをしてる人は、ぜひお試し下さい。

 

step
5
たまごが浸かるくらいまでめんつゆ+水(7対3)を加える

たまごをジップロックに入れて最後の仕上げ「味付け」をしましょう。
といっても、めんつゆと水を入れるだけです。

一般的に混ぜてから加えるのがセオリーですが、面倒なので直接めんつゆと水を入れてしまいましょう!
ジップロックの中でフリフリして、一体化させればオッケーです。

卵に味付け

卵に味付け

卵に味付け

ワンポイント

お味付けは濃いめにしておいた方が、黄身まで染み込んでおいしいです。塩分濃度が高いと腐敗を防ぐ効果もあるので、塩辛いくらいがちょうどよいと思います。

 

step
6
一晩冷蔵庫で寝かせる

卵に味付け

明日まで我慢!

 

ワンポイント

たまごが浮いてきてしまうので、ジップロックを閉じる時にしっかりと中の空気を抜いておきましょう。

 

やみつき味玉の味は?

食べた感想

一晩冷蔵庫で寝かせたたまごが、どうなったか気になりますよね。一緒に見てみましょう!

味付けたまご

ジップロックから取り出したたまご

こむぎ
おぉ、ほんのり茶色?になってます!
染み込んでますねぇ!半分に切ってみましょうか。
ふくとも
味付けたまご

黄身がトロトロ!味もしっかり染み込んでます

そのまま食べてもおいしいんですが、ご飯の上にオン・ザ・エッグ!(乗せたまご)すると激ウマです。
めんつゆがほんのり染み込んだご飯に、たまごを崩して頬張ると…もう幸せ。

ふくとも
お酒のつまみにもなりますし、パンに挟んでもオッケーです。
簡単なのに万能過ぎます!
こむぎ

 

やみつき味玉の作り方:おさらい

ふくとも
最後に作り方のおさらいです。

やみつき味玉の作り方は、以下の6ステップです。

作り方(調理時間:約15分)

  1. たまごを常温に戻しておく
  2. 沸騰したお湯にたまごを優しく入れる
  3. おたまで時々かき混ぜながら、8分ゆでる
  4. 冷水で一気に冷まして、たまごの殻をむく
  5. めんつゆと水を7対3の割合で加える
  6. ジップロックに入れて一晩寝かせたら完成!

※たまごを常温に戻す時間と冷蔵庫で寝かせる時間は調理時間に含んでいないので、ご留意下さい。

 

料理が苦手で失敗ばかりというあなたも、このレシピなら大丈夫!
包丁もいらないので、手間なしですよ。

「たまごを使った簡単おかずを作りたい。」

「つくりおきおかずに良いものないかな?」

「日本酒に合うつまみがほしい。」

ってなった時にも、ご活用下さい。

 

それでは、楽しい食事LIFEを!!

人気ブログランキング参加中!

あなたのワンクリックが運営の励みになります。

パンの図鑑サイトも運営してます

> 世界のパンを紹介:ブレッドマップ

Copyright© ふくともパンブログ , 2019 All Rights Reserved.