楽につくレシピ

洋風コンソメ山芋焼きの作り方【楽につくレシピ】

2019年8月6日

洋風コンソメ山芋焼きの作り方

当記事では、「洋風コンソメ山芋焼き」のレシピを紹介します。

材料を混ぜて焼くだけなので、割とほったらかしでOK。忙しい時の一品に最適です。

こんな方におすすめのレシピ

  • 材料を混ぜてフライパンで焼くだけの簡単料理を作りたい
  • 山芋料理のバリエーションを増やしたい

山芋といえば、とろろや千切りにして醤油やポン酢をかけて食べる方が多いですよね。和風の料理にしか使えないと思われがちですが、実は洋風の味付けにも合う食材なんです。

今回は、山芋とシンプルな材料で作れるレシピを考えてみましたので、手間のかかる料理が苦手なあなたにもおすすめです。

完成イメージ

洋風コンソメ山芋焼き

見た目はお好み焼き風ですが、山芋をたっぷり使っているので、ふんわりとやわらかく仕上がってます。味はコンソメベースなので、ご飯だけではなくパンとも相性バツグンですよ。

ふくとも
優しい味わいなので、食欲が無い日でもペロりと食べれます。
焼いた匂いが香ばしいです・・・お腹空いてきた。
こむぎ

山芋をおろす際のポイントや崩さずに盛り付けるコツも交えて解説していますので、参考にしてみて下さいね。

洋風コンソメ山芋焼きを作ろう【必要な道具と材料は?】

まずは、作るために必要な道具(調理器具)と材料を紹介していきます。

作るのに必要な道具

「洋風コンソメ山芋焼き」作りに使う道具は、以下の通りです。

必要な道具

・フライパン(直径28cm前後が理想)

・フライパンのフタ

・おろし器

・ピーラー

・ボウル

・さいばし

おろし器は受け皿がセットになっているものだと楽できます。僕は、東急ハンズで買った「ののじ おろし器 ハンディタイプ」という商品を愛用してます。二枚刃構造になっており、山芋や大根などをふんわりとおろすことができて便利。何よりすりおろす感触が気持ち良いんです。

値段も1,000円前後とお手頃。使っているおろし器がイマイチで、良いモノに出会えていない人におすすめです。

 

洋風コンソメ山芋焼きの材料

山芋焼きの材料

必要な材料

・山芋:250g

・卵:1個

・ネギ:お好みで

・コンソメ(粒タイプ):1個

・オリーブオイル:適量

・日本酒(水でも可):20CC

コンソメは顆粒タイプのものでも、問題ないです。その場合は「大さじ1」加えましょう。

ネギは事前に細かく切って冷凍したものを使用しています。面倒なら入れなくても問題ないですが、ネギが入ると見た目の印象がグッと良くなりますよ。

 

洋風コンソメ山芋焼きの作り方【全5工程:約12分】

洋風コンソメ山芋焼きの作り方

山芋のすりおろしがちょっと面倒ですが、そこさえ過ぎれば混ぜて焼くだけなので、すぐに完成します。

「山芋の味付けが毎回単調になる」

「山芋食べたいけど、調理方法がよくわからん」

というあなたの助けになれば幸いです。

 

step
1
山芋の皮をむいて、すりおろす

まずは山芋の皮むきです。

山芋を水でよく洗って汚れを落としたら、皮の3分の2程度をピーラーで削ぎ落として下さい。下の写真のイメージですね。

山芋の皮をむく

 

ワンポイント

皮を少し残しておくことで、すりおろす時に持ちやすくなります。あとヌルヌルした部分を直接で持つと手がかゆくなるので、かゆみ対策にもなりますね。

山芋をすりおろす

皮の部分を持てば、滑らない&かゆくない!

 

step
2
ボウルに材料を入れて混ぜ合わせる

 

混ぜる材料

  • すりおろした山芋
  • ネギ
  • コンソメ

山芋焼きの材料

ワンポイント

コンソメのキューブタイプを使う場合は、手で細かく砕いてから入れるようにしましょう。そうしないと焼いた時にダマになります。(顆粒タイプの場合はそのまま加えるだけで良い)

混ぜる際は卵の白身の部分を切るようなイメージで混ぜると均一になります。回数の目安は30回くらいです。

山芋焼きの材料を混ぜる

 

step
3
フライパンで混ぜた材料を焼く(中火で4分)

フライパンにオリーブオイルを敷いて中火で熱しましょう。気持ち多めに入れたほうが焦げ付きにくいのでおすすめです。

フライパンでオリーブオイルを熱する

オリーブオイルが温まってきたら、混ぜておいた材料を投下!一度に全部入れてしまって問題なしです。

山芋を焼く

丸い円にするのが理想ですが、キレイに整えるのは難しい&面倒だと思うので、適当で大丈夫ですよ。

山芋を焼く

フライパン手前側のフチに沿って広げると円にしやすい

ワンポイント

焼く時間は中火と4分としていますが、コンロの火力によって変わってきます。裏側にうっすら焦げ目が付いてきたら、次の工程に進むようにしましょう。

 

step
4
日本酒を加えたら、フタをして蒸し焼きにする(弱火で3分)

日本酒が無い場合は水でも良いですが、その場合は水分が飛ばすために中火で熱するようにしましょう。

山芋を蒸す

フタをしたら極力開けないこと!

 

フタを開けて表面に生っぽい感じが無くなっていればOKです。

ちなみに蒸さずに両面焼くという手もありですが、生地が柔らかいのでひっくり返すのが結構難しかったりします。今回は失敗を避けるために割愛していますが、両面カリッと仕上げたいという方は、チャレンジしてみて下さいね。

山芋を焼く

step
5
お皿に盛り付けて完成!

焼き色が付いている側を上にしたいので、以下の写真のようにお皿(耐熱が良い)をフライパンに被せるようにして、フライパンごとひっくり返しましょう。

ふくとも
勇気を持ってやれば上手くいきます!

この状態で天地返しです

ワンポイント

どうしても失敗したくない人向け(同じサイズのお皿を2枚使った返し方)

 1.同じ大きさのお皿を2枚用意

 2.フライパンからお皿に生地をスライドして乗せる。

 3.もう1枚のお皿を上から被せる。(皿同士でサンド!)

 4.そのまま上下をひっくり返す。

 

洋風コンソメ山芋焼き

焼き目を上にした方が見た目が良い

 

洋風コンソメ山芋焼きの味は?

洋風コンソメ山芋焼き

洋風コンソメ山芋焼きを、実際に食べてみました!

山芋ってしょうゆとか和風だしで味付けしてしまいがちですが、コンソメもかなり合いますね。こりゃ美味い!卵をつなぎに加えたことで、もっちり食感に仕上がっており、口当たりも良いです。

ふくとも
ふわふわして軽いので、ばくばく食べれてしまいます…あっという間になくなりました。
えーん、もっと食べたいです!
こむぎ

 

こんなアレンジもおすすめ

・粉チーズを足してコクと甘みを(ワインのおつまみに)

・バターで焼いてオムレツ風に

・豚肉を乗せてお好み焼き風に

最後に:作り方のおさらい

最後に作り方のおさらいをしましょう。
洋風コンソメ山芋焼きの作り方は、以下の5ステップです。

作り方(調理時間:約12分)

  1. 山芋の皮をむいて、すりおろす
  2. ボウルに材料を入れて混ぜ合わせる
  3. フライパンで混ぜた材料を焼く(中火で4分)
  4. 日本酒を加えたら、フタをして蒸し焼きにする(弱火で3分)
  5. お皿に盛り付けて完成!

※日本酒を水で代用する際は、中火にしましょう。

 

山芋は滋養強壮に良いので、夏バテ解消にぴったりな食材。一味違った山芋メニューをあなたの料理レパートリーに加えてみてはいかがでしょうか。

「山芋で洋風おかずを作りたい。」

「パンに合う山芋料理ってあるの?」

「テレビ見ながら、雑に作れる料理が知りたい。」

ってなった時にも、ご活用下さい。

それでは、楽しい食事LIFEを!!

人気ブログランキング参加中!

あなたのワンクリックが運営の励みになります。

パンの図鑑サイトも運営してます

> 世界のパンを紹介:ブレッドマップ

Copyright© ふくともパンブログ , 2019 All Rights Reserved.